広告代理店への委託を検討している企業必見!栃木県でおすすめの広告代理店を厳選してご紹介!

5Gがカギ?これからのYoutube広告はどうなる?!

公開日:2022/01/01


動画広告の市場は、スマートフォンの普及や、それにともなう動画SNSが増えたことによってどんどん拡大してきました。とくにYoutubeの成長はとても大きいものでしたが、今後の成長については「5G」がカギとなるようです。今回はこれからのYoutube広告がどうなるのか、「5G」との関連も踏まえてご紹介します。

5Gとは?

5Gとは、第5世代の移動通信システムのことを指し、前世代である4Gの移動通信ネットワークに続くものです。歴代の移動通信システムはどのようなものだったのか見ていきましょう。まず1Gですが、こちらは初代のワイヤレス移動通信テクノロジーで、音声通話のみをサポートするものでした。次の2Gでは、テキストメッセージなどのデジタル移動通信テクノロジーが導入されました。その次の3Gでは、モバイルインターネットアクセスとビデオ通話が可能になりました。

そして4Gでは、ネットワーク速度が向上し、ビデオ会議やゲームサービスといった高速通信が必要なテクノロジーをサポートしてくれています。これまでの世代では「高速化」という面に焦点が当たっていましたが、5Gは通信の速さ以外にもいくつか改善がなされています。

どんなところが今までと違うのかというと、まず通信がより早くなることに加えて、大容量になるということが挙げられます。通信速度は体感で約100倍にもなるといわれており、映画1本を10秒でダウンロードすることが可能になるといわれています。

次に、同時にたくさんの機器との接続が可能になるということが挙げられます。バッテリー寿命の長い膨大なデバイスをサポートするネットワークとして機能できるので、IoT(モノのインターネット)の普及にも貢献するのではないかと期待されています。5Gの普及により、携帯電話だけではなく、機械、物、デバイスの接続性についても向上するのではないかと考えられます。

そして、通信の遅延が少なくなることが挙げられます。これまでの「1000分の1秒」の低遅延が目指されています。この低遅延は、「自動運転」や「遠隔医療」を実現させる上でとても重要になってきます。

5GがYouTubeに与える影響

5Gの特徴について見てきましたが、これらはYouTubeにどのような影響を与えるのでしょうか。まずは、ネットワーク全体の通信が早くなり、容量が上がることで、各端末の通信制限の上限がアップする、もしくは通信制限の撤廃が起きる可能性も考えられます。4Gでは動画の視聴が多くなると、通信制限がかかる可能性が高いですが、これが改善されれば、よりスマホでの動画視聴が普及すると考えられ、YouTubeもより見やすくなり、視聴者がさらに増えるでしょう。

また、低遅延という面から考えると、ライブ配信で今までは実現することが不可能だったような配信ができるようになる可能性があります。ソフトバンク社とリコー社が2018年に行なった実験では、360度映像と音声を配信し、同時に受け手の音声もカメラ側に届けることで双方のリアルタイムコミュニケーションを実現し、さらにそれをYouTubeで配信することに成功しました。この実験から、今後は誰もが臨場感のあるコンテンツを、5Gネットワークを介して配信できるようになる可能性があることがわかります。

さらに、Google社は2019年にゲームプラットフォーム「STADIA(ステイディア)」を発表しました。これは、ゲームのストリーミングサービスで、ゲーム機やダウンロードなどは一切なしで、パソコン、スマートフォン、タブレット、テレビなどの端末さえあればゲームができるというサービスです。多人数で遅延することなく高品質のゲームを誰とでも楽しめるというのは、5Gのなせる技であるといえます。

YouTube広告はまだまだ伸びる

「YouTubeはオワコンだ」と主張する人もいるように、もう成長の余地はないという考え方もあります。しかし、数字を見ると、テレビよりも無料動画を見る人の割合が多く、無料動画の中でもYouTubeが圧倒的に多くの人に見られているというデータがあります。動画を視聴する人が増えているということは、広告収益も増えているということです。実際、2021年第1四半期のYouTube収支報告では、広告収益が前年同月比で49%も増加したことが報告されています。

とくに近年のコロナ渦が、これらの無料動画視聴者の増加や動画の広告収益の増加に与えた影響は大きく、コロナだからこそ生まれた動画広告や、人々に感動を与え話題になった広告もあります。アフターコロナで人々の消費行動が変わっていくこと、その中で今後のインターネット広告の重要性が増していくことが考えられます。

そしてインターネット広告の中でも、動画広告がとくに重要であると認識されていることから、動画の中でも群を抜いて視聴者が多いYouTubeは今後も広告は伸びていくだろうと考えられます。さらにそこへ5Gという最新の移動通信システムが加わることにより、さらにYouTubeは成長していくだろうと考えられます。

 

いかがでしたか。5Gが普及していくことにより、YouTubeはオワコンであるどころか、まだまだ成長していくと考えられます。それにともなって動画の視聴者も増え、広告収益はまだまだ増えると考えられるでしょう。この記事が少しでもお役に立てれば幸いです。

【栃木県】おすすめの広告代理店5選

イメージ
会社名博報サービスティーエムアート関東朝日広告社マーケットネットワークヤマゼンコミュニケイションズ
おすすめポイントクライアントに寄り添って最善のプランを提供し要望を叶えてくれる広告代理店紙やWEBだけでなく、さまざまな物と場所に広告を掲載する広告代理店朝日新聞社、朝日広告社グループで地方創生に貢献する地域密着型総合広告会社クライアント・協力会社・社員のすべての幸せのために活動する広告代理店コミュニケイションをデザインしてクライアントと共に企業の財産を創る会社
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧