広告代理店への委託を検討している企業必見!栃木県でおすすめの広告代理店を厳選してご紹介!

バナー広告って何?意外と目にしている広告の特徴をご紹介!

公開日:2022/08/15


広告にはさまざまな方法があり、バナー広告も現代では有力な手法の一つです。バナー広告という言葉は聞いたことがあっても、どんな広告のことか、実際のところは詳しく理解していない方も多いのではないでしょうか。今回はバナー広告の特徴や、メリットやデメリット、バナー広告を打つことで、成功へと導くポイントと注意する点を解説します。

バナー広告の特徴

ネット上で記事をみたり、webサイトを利用したりしていると、ページ内の特定の枠の中で、画像や動画を用いて、製品や会社名、サービスなどをアピールしている広告をよく見かけませんでしょうか。それがバナー広告と呼ばれる手法です。

バナー広告には、製品画像や動画などの演出で、わかりやすく、視覚を通じて興味深いアプローチ方法を行うという特徴があります。この広告枠をクリックすると、広告主や製品のサイトへ移動することとなり、興味を持ったユーザーをそのままページへ誘導するという形になります。文字のみの広告や、文字のサイズや色も同じような、単一で特徴のない広告記事では、興味をもつユーザーも少ないでしょう。

しかし、動画や演出によって、視覚に強くアピールをする特徴的な広告であれば、たとえ興味がなくても、ついつい見てしまうといった、人間の心理に訴えかけられる特徴があります。

バナー広告のメリット・デメリット

バナー広告がもつメリットとデメリットをまとめて説明します。

メリット:視覚面での訴求力

製品やサービスの特徴や見た目を、視覚を通じてアピールができます。効果的な演出を行えるため、アピールの手法はまさに無限にあるといってもよいでしょう。文字だけの広告とは比べ物にならないほど、ユーザーへの理解度、浸透度は大きくなるので、視覚面でのアピールは、バナー広告のもつ一番のメリットといえます。

メリット:認知度をあげる

集中して文字を読む必要もなく、訴求内容がそのまま目に飛び込んでくる手法のため、興味がないユーザーでも、製品やサービスに対する認知度を上げやすいという特徴があります。

メリット:信頼度向上

バナー広告を積極的に行うことで、金銭的に余裕があって信頼できる会社だと認識され、会社の信頼度を上げることにもつながります。

デメリット:完成に時間がかかる

文章だけではない視覚的な広告になるため、広告を作成するのに時間がかかります。完成した後も修正があれば、さらに時間が必要です。したがって、バナー広告を打ちたくてもすぐに打つことができないため、計画的に準備を行う必要があります。

デメリット:ニーズがない人にも表示される

興味を引く内容であれば新たな顧客を得ることはできますが、一切興味を持たない人にも広告が表示されるため、無駄な広告費用が発生するという点も、頭に入れておく必要があります。

デメリット:出来不出来に左右される

バナー広告の内容や演出次第で、効果が左右する点があります。目を引くようなでき栄えの広告であればクリックする人も多くなりますが、今ひとつ興味を引かない内容であればクリックせずに通り過ぎてしまうことも多々あるので、誘導しやすい内容をアピールした広告作成が必要となります。

バナー広告を成功に導くポイント

バナー広告を成功させるために抑えておくポイントを説明します。

まずは顧客となるユーザーをターゲティングして、広告内容をイメージすることです。顧客のイメージが明確であれば、訴求するポイントや価値などを、顧客に対して、どのようにアピールをするかがわかりやすくなります。広告を打つ目的と、顧客がはっきりしていれば効果は出やすいですが、その点が不明確であれば宣伝効果は出にくいでしょう。

次に、顧客となるユーザーを意識し、出稿先を選別することです。ターゲットとする顧客があらわれやすい媒体を選定し、広告を出稿することで、クリック率が高くなり、結果的に効果が出やすくなります。

最後に、ターゲットとする顧客に合わせたクリエイティブを行うことです。ターゲットに合わせたクリエイティブを作成しなければ、クリック率は高くなりませんので、クリエイティブ作成の際は注意が必要です。

バナー広告の注意点

バナー広告を打つ際には注意をしておくべき点があります。大前提として、バナー広告によって、必ず成果が出るとは限らないという点です。確かにバナー広告は、効果や決定率が高い広告と位置づけられていますが、ターゲットのニーズと合わない内容やクリエイティブでは効果は期待できないでしょう。

バナー広告の内容によって、興味を引いたり、購買意欲が高まったりするような、ターゲット目線での内容を作成しなければなりません。したがって、バナー広告を打てば必ずしも効果があるわけではないので、あくまでも広告内容にこだわり、興味を引く広告内容を完成させることを、心がけておく必要があります。

まとめ

パソコン上でもスマホ上でも、バナー広告は目にする機会も非常に多いです。バナー広告は現代において、視覚でイメージができて、内容も見やすく、効果の期待値が高い広告です。たとえニーズがなかったとしても、興味をひくような広告内容であれば、試しにクリックをする機会も多く、効果的な広告であることは間違いありません。しかし、広告の演出方法をこだわって作成しないとクリック率は低く、また広告制作の際も時間を要するなど、簡単には作成ができないのです。メリットとデメリットを考えた上で、バナー広告を検討することをおすすめします。

【栃木県】おすすめの広告代理店5選

イメージ
会社名博報サービスティーエムアート関東朝日広告社マーケットネットワークヤマゼンコミュニケイションズ
おすすめポイントクライアントに寄り添って最善のプランを提供し要望を叶えてくれる広告代理店紙やWEBだけでなく、さまざまな物と場所に広告を掲載する広告代理店朝日新聞社、朝日広告社グループで地方創生に貢献する地域密着型総合広告会社クライアント・協力会社・社員のすべての幸せのために活動する広告代理店コミュニケイションをデザインしてクライアントと共に企業の財産を創る会社
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧