広告代理店への委託を検討している企業必見!栃木県でおすすめの広告代理店を厳選してご紹介!

ブランディングって何?広告制作で必要になるブランディングとは

公開日:2022/01/01


昨今、耳にすることも増えてきた「ブランディング」。なんとなく意味は分かるものの、いざブランディングとは何かと聞かれると明確に答えるのはなかなか難しいのではないでしょうか。今回はそんなブランディングの効果や方法について分かりやすく説明します。ブランディングについて正しく理解し、有効なブランディングを行いましょう。

ブランディングってどんなことをするの?

まず、ブランディングとはなんなのでしょうか。

ブランディングとは

ブランディングとは「ブランド」を創造するためのさまざまな活動を指す言葉です。「ブランド」と聞くと高級品をイメージする人も多いでしょうが、本来は消費者や顧客にとって別の商品と区別できる商品・サービスのことを指します。たとえば、「10円で買えるチョコといえばチロルチョコ」「気軽におしゃれなコーヒーが飲めるのはスターバックス」なども立派なブランドです。

ブランディングとはこうしたブランドを創造すること、つまり、商品のデザイン・シンボルマーク・ブランドロゴ・商標・キャッチフレーズなどのさまざまな要素を用いて、その商品独自の価値を創造することを意味します。こうしたブランディングの活動は、商品やサービスなどのBtoC商材はもちろん、近年はBtoB商材や企業経営にも必要とされています。

ブランディングの目的

ブランディングの目的は「○○といえばあのサービスだよね」「このロゴを見ればあの商品だ」とユーザーに認識・イメージしてもらえるようにすることです。なぜならブランドを知っていることでユーザーが安心して商品を手に取り、購買を決定しやすくなることが期待できるからです。こうした活動を「アウターブランディング」といいます。

ブランディングの方法

ブランディングにはアウターブランディングとインナーブランディングがあります。

アウターブランディングは社外に対して行われるもので、商品のデザイン・シンボルマーク・ブランドロゴ・商標・キャッチフレーズなどのさまざまな要素を組み合わせて行われます。ブランディングのためだけに行われる活動があるわけではなく、事業のさまざまな活動がブランディングを念頭に行われるというイメージです。

アウターブランディングに対して、インナーブランディングとは社内に対して行われるものです。社員一人ひとりが企業のアイデンティティや価値を理解した上で活動することが事業のブランディングを後押しするという考え方です。つまり、アウターブランディングもインナーブランディングも自社商材の価値を明確にし、それをユーザーに正しく伝えられるよう活動することであるといえるでしょう。

ブランディングの中で広告はどう役立つのか

一般的に広告は集客のために用いられることが多いですが、ブランディングにおいても役立ちます。なぜなら、動画広告や大手サイト上のバナー広告などを通してブランドの認知を広げることができるからです。

認知度を高めることはブランディングの成功を大きく後押ししてくれます。広告以外にも、たとえばブログを通じたコンテンツマーケティング、SNSの運用、広告、アフィリエイトといった施策などもWebサイトを通じユーザーと関わる機会を持つことができるため、ブランディングに役立つ活動です。

ブランディングを展開するときに注意したいこと

ブランディングをする際、いくつか注意点があります。

ブランディングする際の注意点(1)ターゲットを明確にする

ブランディングにおいて最も重要なことは、顧客や消費者にどのようにイメージしてほしいか確立しておくことです。そのためにもまず、自社の商材とそのターゲットを深く理解しましょう。ターゲットの要望を理解し、具体的に条件を決めることで、そのユーザーにより愛着を持ってもらえるようアタックできるはずです。ターゲットに愛着や思い入れをしっかり持ってもらえるようにターゲットを具体的にイメージしましょう。

ブランディングする際の注意点(2)自社の商材が他社商材と差別化し、勝負できるか見極める

ブランディングを始める前に見極めたいのが、自社の商材が他社商材と差別化できるかどうかです。たとえば、ターゲット市場にすでに強力な他社商材がある場合、そこに新たに似た商材が入り込むことは簡単ではありません。あえて既存の強力な他社商材と競争することも一つの方法ですが、そんな市場の中で新たにブランドを確立するのは難しいでしょう。まずは、他社商材と差別化できるアイデンティティを再定義し、ブランディングを進めることをおすすめします。

 

今回、ブランディングの意味や目的について解説し、さらにブランディングの内容や注意点についてもお伝えました。ブランディングとはその商材独自の価値を踏まえ、ユーザーに正しく認識してもらえるようにすることを目的とした活動のことです。近年は、社内に対して行われるインナーブランディングやBtoB商材のブランディングにも力が注がれています。有効なブランディングを行い、他社との差別化を図りましょう。

【栃木県】おすすめの広告代理店5選

イメージ
会社名博報サービスティーエムアート関東朝日広告社マーケットネットワークヤマゼンコミュニケイションズ
おすすめポイントクライアントに寄り添って最善のプランを提供し要望を叶えてくれる広告代理店紙やWEBだけでなく、さまざまな物と場所に広告を掲載する広告代理店朝日新聞社、朝日広告社グループで地方創生に貢献する地域密着型総合広告会社クライアント・協力会社・社員のすべての幸せのために活動する広告代理店コミュニケイションをデザインしてクライアントと共に企業の財産を創る会社
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧