広告代理店への委託を検討している企業必見!栃木県でおすすめの広告代理店を厳選してご紹介!

その広告手法は間違っている!?自社に適切な広告媒体の選び方とは

公開日:2021/12/15


「広告を出したいけど、たくさんありすぎてどの媒体が一番いいのかよくわからない」そんなふうにお困りの担当者の方も多いと思います。限られた予算で最大の効果を出すには、適切な媒体を選ぶことが重要ですし、他と似た商品だったとしても結果は大きく違ってきます。そこで今回は適切な広告媒体の選び方について解説していきたいと思います。

適切な広告媒体を選ぶには?

媒体選びのポイントは3つです。順を追って説明していきます。

目的をはっきりさせる

媒体選びにはまず何のために広告を出すのか」という目的をはっきりさせておくことが大切です。目的がはっきりと定まっていないと、選ぶ媒体との間にミスマッチが起こってしまい、望んだような結果が得られないからです。

たとえば目的としては次のようなものが挙げられます。

・受注率アップ
・認知拡大
・サイトへの流入数を増やす
・申し込みや問い合わせ件数アップ
・ブランディング強化

以上のような目的を明確にすることで、媒体探しはスムーズに進むようになります。またこのときには数値としての具体的な目標も決めておくことで、広告を出稿したあと効果を検証するときに判断材料や改善に役立ちます。たとえば、「申し込み件数アップ」が目的なら、「1か月で1000件」というような目標を設定していきます。

ターゲットを明確にする

次は、広告の対象、つまりターゲットを明確にしていきます。「誰に見てもらいたいのか」を明確にすることで、選ぶ媒体はさらにしぼりこまれていきます。たとえば書籍の広告なら、活字に馴染みのある読者がいる媒体、新聞広告は有効です。ビジネスや学習に関わるスキルアップやお金に関する商品ならば、ビジネスマンや学生がひんぱんに利用し目にすることの多い電車内の中吊り広告ということも考えられるでしょう。このようにターゲットの人物像を特定することで、彼らの日常の中に広告を入り込ませることができるようになります。

さらにいうと、ターゲットを明確にする際には趣味、嗜好、価値観、行動パターンなどを個人レベルまで仮定した人物像であるペルソナ設定まで踏み込んでいくことが大事です。ペルソナ設定は架空の人物を想定したものではありますが、市場のデータなどを元にしてペルソナ設定をすることで、より顧客のニーズをくみとった心を動かすような内容やメッセージを作り上げることができます。媒体選定にも、もちろん役に立ちますし、社内のプロジェクトチーム内でもターゲットに対する共通認識をもつことになり有益です。

各媒体の特性を理解し、適したものを選ぶ

目的やターゲットが決まり、媒体がしぼりこまれたなら、残された媒体の特性を吟味して最適なものを選びます。たとえばインターネット広告で出稿しようとなった場合、何種類もある中から選んでいかなければなりません。

・リスティング広告
・ディスプレイ広告
・SNS広告
・アフィリエイト広告

など、たくさんの種類があります。それぞれに特徴があって、たとえばリスティング広告(検索連動型広告)ならば、Googleなどの検索エンジンでキーワード検索した人に関連する広告として出る広告ですから、すでに自分のほしいものを自覚している顕在層のターゲットにアプローチできます。

ここでは各媒体の特性をしっかりと把握した上で最大の効果が出せる媒体を選んでいきましょう。適切な媒体選びには、以上のような考え方と順番で取り組んでいただけたらと思います。

コスト面の計画も綿密に行うと◎

次は適切な媒体選びにあたって、広告費というコスト面から考えていきたいと思います。正直なところ、広告のコスト面に関しては媒体ごとに実にさまざまなので判断基準が難しいところです。しかし、広告媒体は大きくオフライン広告とオンライン広告の2つに分けられるので、それぞれの広告のメリットとデメリットを判断材料にしていただけたらと思います。

オフライン広告

オフライン広告とは
・テレビ
・新聞
・ラジオ
・雑誌
・チラシ
・街頭広告

などのいわゆる4マスをはじめとした、インターネットを用いない広告です。メリットとしてはエリアをしぼりこんだ宣伝がしやすい、不特定多数のユーザーに見てもらえる、シニア層に強い、準備に時間的コストもかかるためライバルが少ないといったことがあります。

デメリットとしては、広告の費用対効果がわかりにくいことや出稿費用が高額になりやすい点が挙げられるでしょう。費用にかんしては、テレビCMなら関東エリアの場合、15秒CMで一回放送すると30万円〜100万円が相場で、新聞なら掲載場所とサイズによって50万円〜5000万円といわれています。幅広くアピールできる分、相応の金額が必要になります。

ですがオフライン広告でも、地域密着やユーザーが限定的な商品ならエリアをしぼった広告配布ができるので少ない予算でも実現することも可能です。

オンライン広告

オンライン広告のメリットはやはり、初期費用をおさえて手軽にはじめられるというところです。もちろん、露出の多いメディアに出稿すれば高額になることもありますが、1クリック10円程度からのものもありますし、成果報酬型もあるなど料金プランが幅広い選択肢の中から選べる自由度があります。ほかにはユーザーの細かいデータを数値化して採取できるため以後のマーケティングに生かすことができるという利点もあります。

ただ比較的簡単に始めることができる反面ライバルが非常に多く、なかなか見てもらえないということも充分に起こりえます。こうしたそれぞれの媒体の特徴とコスト面を充分に考慮しながら、限られた予算内でできる適切な媒体選びをしていってください。

しっかりと相談して広告計画を立てよう!

ここまでの流れで広告媒体はある程度しぼりこむことができました。そして、出稿まではさらに「媒体先から見積りをとる」「広告の制作」「媒体先の審査」「出稿」「費用対効果の測定」といったプロセスを踏むことになります。

このように広告を出すにはたくさんの手間と時間と、媒体の知識や広告業界の知見も必要です。そこでパフォーマンスを上げるには、やはり広告のプロである広告代理店を利用することも視野に入れておきたいところです。

広告代理店を利用することで
・最適な広告媒体を提案してくれる
・手間と時間が省略できる
・時代に合わせた最新の運用と知見が手に入る
・効果検証ができ、改善提案が受けられる

といった多くのメリットが得られます。自社でこれまでに広告運用の経験がない、運用にかけられる人手が足りないといった場合であれば、広告代理店の活用をぜひおすすめします。その際には、代理店ごとに特徴や得意分野が違いるため注意してください。

いずれしても広告で最大の効果を出すには、媒体選びや広告代理店選びを社内でじっくりと検討して慎重に行うことが大事です。

 

これまで適切な広告媒体の選び方をテーマに解説させていただきました。広告出稿の目的・目標の明確化をし、ターゲットやペルソナ設定で対象を定めて、コスト面を考慮しながら媒体をしぼりこんでいくといった一連の流れをお伝えしてきました。広告運用は難易度が高く、むやみに出稿した場合効果は期待できませんし、ただ予算の無駄づかいになってしまいます。今回の内容を参考にして、ぜひ慎重な広告媒体選びをなさってくださいね。

【栃木県】おすすめの広告代理店5選

イメージ
会社名博報サービスティーエムアート関東朝日広告社マーケットネットワークヤマゼンコミュニケイションズ
おすすめポイントクライアントに寄り添って最善のプランを提供し要望を叶えてくれる広告代理店紙やWEBだけでなく、さまざまな物と場所に広告を掲載する広告代理店朝日新聞社、朝日広告社グループで地方創生に貢献する地域密着型総合広告会社クライアント・協力会社・社員のすべての幸せのために活動する広告代理店コミュニケイションをデザインしてクライアントと共に企業の財産を創る会社
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧