広告代理店への委託を検討している企業必見!栃木県でおすすめの広告代理店を厳選してご紹介!

広告代理店と広告制作会社は違う?特徴や違いを知っておこう!

公開日:2022/01/01


広告代理店と広告制作会社、何が違うのかご存知でしょうか。名称からどちらも広告に携わる会社だということは分かりますが、詳しい仕事内容や明確な違いはなかなか説明しづらいですよね。そこで今回は広告代理店・広告制作会社の特徴とその違いについてお伝えします。それぞれの会社の役割を学び、広告業界への理解を深めましょう。

広告代理店の特徴

広告代理店とは、広告を出したいクライアント企業とその広告を掲載する企業を仲介する会社を指します。加えて、広告制作の企画やアイデアを出すのも広告代理店の仕事です。ちなみによく耳にする「広告会社」とは一般的に広告代理店のことです。

広告代理店にはクライアント企業の窓口として要望や課題を聞き取る営業部門や、それらの課題解決のために企画やアイデアを出すクリエイティブ部門などがあります。ほかにもマーケティング部門・メディア部門・プロモーション部門など、さまざまな部門に分かれています。広告代理店の中には制作部門を有し、専任のデザイナーが広告の制作を行う会社もあります。また、広告代理店には、幅広い分野の広告を受け持つ大手広告代理店や、IT・医療・人材などの分野を専門的に扱う広告代理店があります。

広告代理店の仕事の流れ

まず、「売り上げをアップしたい」「企業のブランディングに力を入れたい」などの要望・課題をもつクライアント企業がこれらの課題解決のために広告代理店の営業部門に相談します。

次に、相談を受けた広告代理店はクライアント企業の課題を詳しく聞き取り、その聞き取りをもとに今度はクリエイティブ部門がどんな広告が必要なのか戦略を練ります。戦略とは具体的には、「ユーザーの需要は何か」「企画を広めるにはどうすればいいか」「ユーザーに認知されるには何が必要か」などで、市場の分析・調査も行います。

そしてこの戦略を念頭に企画やアイデアを考え、クライアント企業に考えた企画を提案します。このとき、クライアント企業が複数の広告代理店に相談をしてコンペで一番よい案を採用する場合と、はじめから一社の広告代理店を指名する場合とがあります。そしてクライアント企業が決定した企画をもとに広告代理店が広告制作会社へ広告の制作を依頼するのです。

広告代理店は「0を1にする仕事」

広告代理店の仕事は広告の「0を1にする仕事」といわれることがあります。そのわけは、広告代理店は戦略や企画を立てることで広告に付加価値をつけているからです。広告代理店が得る利益は、テレビ・新聞・雑誌・ラジオ・ネットなどのメディア媒体費や広告枠を売った媒体費がもとになっています。

広告制作会社の特徴

広告制作会社とは、広告代理店から広告の制作を依頼される会社のこと。具体的には、依頼主からの広告の方針をもとにコピーやデザインを考え、広告を制作するのが仕事です。役職としてはプロデューサー・PM・ディレクターなどがあります。プロデューサーは広告制作依頼を受ける仕事を担い、PMはその依頼を実現するために予算・スケジュール・クオリティー・リスクなどの現場の管理を担います。

広告制作会社の仕事の流れ

広告制作会社の仕事の始まりは、広告代理店から広告制作を依頼されるパターンと、広告を出したいクライアント企業から直接依頼されるパターンがあります。広告代理店から依頼されるケースではCMなどの大きな案件を依頼されることが多く、代理店の下請けとして制作に関する実務を担当することが多いです。

一方でクライアント企業から直接依頼され、企画から制作までのすべてを引き受けることもあります。その場合、広告代理店の仲介がないため、企業の意見を直接汲みあげられ、その分クライアント企業の要望を広告に反映しやすいです。

広告制作会社は「1を100にする仕事」

広告代理店の仕事は広告の「1を100にする仕事」とよくいわれています。それは、広告制作の企画やアイデアを具体的に形にしていく仕事だからです。こういった仕事は一見すると花形のように思われますが、企画を実現するためには地道な事務作業も必要な職場です。

広告代理店と広告制作会社の違い

広告代理店と広告制作会社の大きな違い、1つ目は主な仕事内容です。広告代理店は広告の企画を、広告制作会社は広告の制作を主に行います。ただし広告代理店の中には広告の企画だけでなく制作も行っている場合もありますし、広告制作会社もクライアント企業から直接依頼を受ければ企画から制作まですべてを受け持つこともあります。

そして、広告代理店と広告制作会社の大きな違い、2つ目は広告代理店独自の仕事内容があることです。広告代理店は広告の企画・制作だけでなく、広告媒体の獲得・選定や市場の分析・調査など、広告に関わる幅広い業務を受け持つことが挙げられます。

 

この記事では広告代理店と広告制作会社の特徴についてお伝えしました。区別しづらい広告代理店と広告制作会社ですが、仕事内容や仕事の流れなどに違いがあります。広告代理店は広告を出したい企業の依頼を受け、広告の企画を考え、広告制作会社に制作を依頼します。また広告を掲載する企業との間を仲介する仕事も担うなど広告に関わる幅広い業務を請け負います。対して広告制作会社は広告制作を中心に行う会社です。

【栃木県】おすすめの広告代理店5選

イメージ
会社名博報サービスティーエムアート関東朝日広告社マーケットネットワークヤマゼンコミュニケイションズ
おすすめポイントクライアントに寄り添って最善のプランを提供し要望を叶えてくれる広告代理店紙やWEBだけでなく、さまざまな物と場所に広告を掲載する広告代理店朝日新聞社、朝日広告社グループで地方創生に貢献する地域密着型総合広告会社クライアント・協力会社・社員のすべての幸せのために活動する広告代理店コミュニケイションをデザインしてクライアントと共に企業の財産を創る会社
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧