広告代理店への委託を検討している企業必見!栃木県でおすすめの広告代理店を厳選してご紹介!

初心者は迷いがち?ホームページの制作の流れを解説!

公開日:2022/01/15


初めて自社のホームページを作成する時、何から始めてよいか迷う方もいるでしょう。制作会社に依頼するのだからとすべてを任せてしまっては、納得のいく仕上がりにならないかもしれません。そこで今回は、ホームページの制作の流れを詳しく解説します。これからホームページの作成を始めたい方は、ぜひ参考にしてください。

制作する目的を決めよう

ホームページを制作する前に、まずはホームページの明確な目標を定めましょう。たとえばECサイトなら商品の売り上げアップ、美容院などのサロンであれば予約や来店が目標となります。自社が何をアピールしたいのか、それに対して顧客にどんなアクションを取って欲しいのかを明確にすることで、ホームページの方向性が見えてくるでしょう。

また、主にどんな顧客にホームページを閲覧してほしいのかというターゲット層を絞り込むことも大切です。年齢、性別、職業、家族構成、ライフスタイルなど、詳細な人物像(ペルソナ)を設定することで、よりピンポイントな集客を狙うことができます。目標やターゲット層が絞り込めたら、それを提案依頼書として書面化しておくとよいでしょう。そうすることで、自社の従業員や依頼する制作会社の担当者の間で、ホームページに対する共通のイメージが生まれやすくなります。

制作会社を選ぼう

ひとくちにWEB制作会社といっても、規模や特色はさまざまです。非常にたくさんある制作会社の中から自社に合った会社を選ぶのは難しいかもしれません。

まずは、制作会社の特色と強みを知ることが大切です。そのためにも過去の実績や請け負っているクライアントを確認してみましょう。規模の大きな制作会社でしたらクライアントの規模も大きく、製作費も高額になる可能性があります。場合によっては少額の依頼は断られるかもしれません。規模の小さな制作会社は少数精鋭で、クライアントとじっくり打ち合わせをした上で大規模会社と遜色ないサービスを提供してくれるところがあります。そのため制作会社の規模の大きさにとらわれる必要はありません。

ただし、小規模会社の場合、会社によってサービスや品質にバラつきがあるのも事実ですので、過去の実績は必ず確認した方がよいでしょう。また、SEOに強い、デザイン性が高いなど、会社によって得意分野がことなりますので、自社が求めるクオリティにマッチした制作会社を選ぶことが重要です。

制作・実装

ホームページを作る目的やターゲット層、依頼する制作会社が決まったら、いよいよ実際に制作の段階に入ります。ここでは、制作・実装までの流れを解説します。

サイト設計

まずは、ホームページの大まかな全体像を決めていきます。「ホームページにどんなページが必要なのか」「ページとページをどのようにリンクでつなげば顧客がスムーズに閲覧できるのか」「集客のためにホームページにどんな機能が必要なのか」などを制作会社の担当者と相談して、具体的に決めていきましょう。ここで認識のズレが生じると後々やり直しをする必要が出てきて、時間と予算のロスになってしまいます。

デザイン

サイトの設計が決まったら、いよいよ顧客に見てもらうホームページのデザインを制作します。発注者はでき上がったデザインが要望通りのものになっているかを確認し、修正がある場合はまとめてフィードバックするようにしましょう。次の段階に進んでしまうと修正が難しくなり、追加料金がかかったり納期に間に合わなかったりする危険性があるので、修正依頼がある場合はなるべく早くまとめてつたえることが重要です。

実装

ホームページを実際にWEB上で表示する実装という作業に移ります。この作業は制作会社が行うため、基本的に発注者はおまかせするという形になります。ホームページが完成したら、スマホやパソコンなどどのデバイスで閲覧してもデザインが崩れないか、クリックしたら適切なページにつながるか、どのブラウザで閲覧しても表示されるかなどをチェックします。

公開・運用

ホームページの制作ができたら、いよいよWEB上に公開・運用する段階になります。実際にはどのような流れになるのでしょうか。

公開

ドメインとサーバーを用意します。ドメインとはWEB上でのホームページの住所のようなもの、サーバーとはホームページのデータを置く土地のようなものと考えるとよいでしょう。制作会社の方でホームページのファイルを指定したサーバー上にアップロードしてもらうと、いよいよWEB上にホームページが公開されます。

運用

ホームページは公開したら終わりではありません。むしろ運用していくスタートといえるでしょう。定期的なコンテンツの更新やドメインやサーバーの契約管理など、ホームページ公開後も安定的な運用を続けなければいけません。アクセス解析を行って集客状況を把握したり、検索エンジンの上位に表示されるようSEOを強化したりすることも非常に重要になります。これらのことはアフターフォローとして制作会社が請け負ってくれることがありますので、依頼する前に確認してみましょう。

 

以上がホームページを制作する流れになります。細かく設定しなければならないこともあるため、難しく感じるかもしれません。しかし、知識と技術を兼ね備えた制作会社のスタッフがいるので、どのような目的でホームページを制作したいかという明確なビジョンを持っていれば、担当者と相談しながら作り上げることができます。まずは、ご自分の希望にマッチした制作会社を見つけることから始めましょう。

【栃木県】おすすめの広告代理店5選

イメージ
会社名博報サービスティーエムアート関東朝日広告社マーケットネットワークヤマゼンコミュニケイションズ
おすすめポイントクライアントに寄り添って最善のプランを提供し要望を叶えてくれる広告代理店紙やWEBだけでなく、さまざまな物と場所に広告を掲載する広告代理店朝日新聞社、朝日広告社グループで地方創生に貢献する地域密着型総合広告会社クライアント・協力会社・社員のすべての幸せのために活動する広告代理店コミュニケイションをデザインしてクライアントと共に企業の財産を創る会社
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧