広告代理店への委託を検討している企業必見!栃木県でおすすめの広告代理店を厳選してご紹介!

交通広告とは?どのようなメリットが得られるのか解説!

公開日:2022/09/15


電車や地下鉄、バスなどの公共交通機関を利用していると、駅構内の壁に、企業やサービスのポスターを見かけたり、乗り物内でステッカーや中吊り広告を見かけたり、さまざまな広告を目にする機会があります。これはどのような効果性がある広告なのか、今回の記事では広告の種類とメリット・デメリット、ほかの広告との違いについて解説します。

交通広告とは

社会人や学生にとって、公共交通機関を利用することは、生活の一部となっているのではないでしょうか。公共交通機関を利用する際に、各企業の紹介やサービスなどをアピールしたポスターや中吊り広告などを見かけることは多いですが、これらは交通広告と呼ばれるものになります。

交通広告は、通勤や通学といった生活環境の中で、ほぼ強制的に何度も確認される効果が期待できるのです。一定の人数が必ず視認することと、繰り返し何度も見かけるため、とくに利用者が多い主要駅においては、効果的な広告です。

交通広告はバリエーションが豊富

交通広告にはさまざまな種類があります。

電車広告、バス広告

電車やバスなどの、乗り物内でみかける中吊り広告や、ステッカーなどがこれにあたります。乗り物に乗っている間の時間を利用して広告を見る機会が多く、幅広い年齢層に対しての宣伝効果が期待できます。

駅広告

駅の構内に貼ってあるポスターや看板などを指します。その駅周辺の企業やサービスが掲示されることが多く、エリアを絞ってのアピールが可能です。主要駅などではデジタルサイネージで、より視覚的にアピールするなど、近年では訴求方法も工夫されています。

タクシー広告

車内や、タクシーの車体にステッカーを貼るなどの訴求がされ、24時間稼働しているという点がメリットです。利用者は社会人や高齢者などが多いため、ターゲット層が絞りやすいという点もあります。

新幹線広告

新幹線は1日に60万人以上が利用し、そのうちの60%以上がビジネスによる利用です。ターゲット層から、企業広告の掲示が多く、日本を代表する大企業の広告が多いという特徴があります。エリアも局地的ではなく、全国にまたがる内容の広告がメインとなります。

空港広告

国内や海外の利用客をターゲットに、地域やエリア、国境を超えて訴求ができる点が強みです。ロビーなどの空間を利用し、開放的かつ大型の広告展開を行うことができ、国内外のさまざまな客層に対してのアピールが可能です。ただ、新幹線広告と同様、広いエリアに対しての訴求がメインとなるため、エリアを絞っての広告効果は薄いでしょう。

交通広告のメリット

交通広告のメリットは数点あげられます。

安定した接触率

交通広告は安定した接触率を見込めます。公共交通機関は、さまざまな年齢層の安定した人員数が毎日利用します。そのため、安定した人員数に対して強制的に広告を確認してもらうことができるため、強い効果が期待できるのです。

エリアに根ざした効率的な宣伝ができる

広告を打つエリアを、あらかじめ局地的に限定させることができます。店舗の広告に関しては、店舗周辺の駅だけに広告を掲載し、駅から離れていて集客が見込めないエリアに対しては広告を打たないようにするなど、広告費を効率的に使うことができる点が強みです。無駄をなくした効率的な広告宣伝が可能となります。

信頼度が高い

公共の交通機関の乗り物や、駅構内に掲示がされているという点だけで、安心感や信頼感が高いというメリットがあります。テレビやインターネット、SNSなど、現代においては広告の方法も多様化していますが、昔ながらの交通広告の信頼性は、時代が変わっても高く評価されています。

何度も繰り返して確認させることができる

通勤や通学で公共交通機関を利用する人は、ほぼ毎日対象となる広告を目にします。毎日確認することで認知率を強制的に高めることができるので、おのずと高い効果が期待できるでしょう。

交通広告のデメリット

交通広告の主なデメリットを説明します。

掲示までに時間がかかる

交通広告は公共性があるため、掲示への審査が厳しくなります。もし修正があれば、修正後に再度審査を行うなど、時間がかかってしまう可能性があるのです。スピード感をもって、すぐに広告を掲示したいという場合には注意が必要です。

効果の分析が難しい

テレビやWeb広告においては、その広告の効果を図ることができますが、交通広告の場合は、結果的にどれくらいの効果があったのかを数値やデータで分析することが困難です。広告効果を高めるための分析が難しい点は、デメリットになってしまいます。

ほかの広告媒体との違い

交通広告がほかの広告媒体と差別化されている点として、確認せざるを得ない局面を多く打ち出せるという点があります。職場や学校などの目的地に向かうまでの移動時に、強制的に広告を見せることができます。

次に、繰り返して見せることができる点です。駅の利用者はほぼ毎日、自然と広告を確認することとなります。これらの点は、ほかの広告媒体とは共通しない交通広告の強みといえるでしょう。

まとめ

交通広告は、通勤や通学などの生活の一部を利用し、公共交通機関の利用者に対して継続的でほぼ強制的に確認させることができるという特徴的な強みがあります。バリエーションも多く、公共の場を利用していることから信頼感も高いです。昔ながらの広告方法ではありますが、現代においても効果が期待できるので、今後も交通広告のもつメリットは評価されていくでしょう。

【栃木県】おすすめの広告代理店5選

イメージ
会社名博報サービスティーエムアート関東朝日広告社マーケットネットワークヤマゼンコミュニケイションズ
おすすめポイントクライアントに寄り添って最善のプランを提供し要望を叶えてくれる広告代理店紙やWEBだけでなく、さまざまな物と場所に広告を掲載する広告代理店朝日新聞社、朝日広告社グループで地方創生に貢献する地域密着型総合広告会社クライアント・協力会社・社員のすべての幸せのために活動する広告代理店コミュニケイションをデザインしてクライアントと共に企業の財産を創る会社
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧