広告代理店への委託を検討している企業必見!栃木県でおすすめの広告代理店を厳選してご紹介!

折込チラシの反響率は?メリット・デメリットも解説します!

公開日:2022/02/15


自分のお店やサービスを宣伝する手段として、考えられる「折込チラシ」の配布ですが、本当に効果が得られるのか、難しいのではないかと不安がよぎりますよね。どんなことにもメリットとデメリットがあるので、確認していきましょう。今回は、折込チラシのメリットとデメリット、その反響率についてご紹介します。

折込チラシとは

折込チラシとは、新聞に折り込まれる広告のことを指します。配布地域や配布日などを自由に決めることができ、鮮魚や青果などの食料品店や日用雑貨などを扱うホームセンターやスーパーのような業種に適しているといえます。他には、美容院や整体、不動産などの地域に密着している形態のものも相性がよいといえるでしょう。

折込チラシのメリット

折込チラシのメリットをいくつか見ていきましょう。まず挙げられるメリットとしては、店舗の周辺に住む顧客に効率よくアピールできる点です。折込チラシを見た顧客は、その店舗が実際に行ける場所にあるかどうかを見ています。地域に密着している新聞折込なら、店舗周辺の顧客を狙って配布エリアを設定することで集客数や売上のアップを効率よく目指すことができます。また、一気に配布できるので短期間で集客しやすいという特徴もあります。

次に挙げられるメリットとしては、新聞を購読している主婦層やファミリー層、高齢者層を狙ってアピールできるという点です。地域性のある店舗やサービスの情報などにはとくに効果を発揮します。さらに折込チラシは保存性に優れているので、再度読み返したり、割引クーポンを付けるのにも向いています。

そして、情報の信頼性が高いというメリットも挙げられます。折込チラシは新聞社の基準をもとにして、記載内容が適切か検閲されてから各家庭に届けられるので、情報の信頼性が高く、顧客にも安心して読んでもらうことができます。

折込チラシのデメリット

今度は反対に折込チラシのデメリットについて見ていきましょう。まず挙げられるデメリットは、新聞を取っていない世帯にはチラシを届けることはできないということです。新聞購読者は年々減少しており、とくに若者の新聞離れは顕著です。情報を届けたいターゲットまで情報を届けられない可能性があるということに注意が必要です。

次に挙げられるデメリットとしては、掲載できる情報の量には限りがあるという点です。紙面に収まるように、情報を取捨選択する必要があります。多くの情報を載せることはできないため、チラシからホームページに誘導するように仕向けるなど、それぞれのメディアの特性を活かすことが大切です。

そして、持続的な効果は得られにくいというデメリットも挙げられます。短期間での集客が見込めるというメリットがある反面、1回の配布だけでは継続して集客アップの効果を得ることは難しいといえます。デザインを変えたり、反響の出やすそうな時期を狙ったりするなどして、定期的に折り込むことが重要です。

折込チラシの反響率はどれくらい?

反響率とは、チラシを受け取った人のうち、実際に商品を購入したり、サービスを利用したりした人数の割合を示すものです。計算式としては、「反響数÷配布したチラシの枚数×100」となります。折込チラシの反響率は、一般的に0.01〜0.3%といわれています。つまり、折込チラシを5万枚配布すると、およそ5〜150人の反響数を見込めるということです。

ただし、配布方法や告知の内容、チラシのデザインによっても反響率は変動するので、一概にはいえません。また、日用品などを扱うスーパーなどの業種では、その反響率は1%にまで上がる可能性もあり、業種によっても数値は異なると考えられます。

折込チラシの効果を少しでも高めるためには、いくつかコツがあります。

まずは、一回でやめずに、何度も配布することです。人は、単純接触効果により、何度も見る店や企業の名前があると、それに対しての評価や好感度が高くなっていくものです。効果がないとすぐに諦めてしまうのは、早いかもしれません。

次に、配布のエリアを絞り、配布の頻度を高くすることが挙げられます。先ほども述べたように、折込チラシは何度も配布することが重要なので、配布エリアが広くて配布頻度が低いより、エリアを絞ってたくさん配布する方が効果が期待できます。

そして、効果測定を行うようにして定期的に振り返り、次に生かすようにするというのも一つの方法として挙げられます。折込チラシをただ配るだけではなく、「チラシ持参で5%オフ」などの特典を設けたり、チラシ専用のQRコードをプリントしたりしておくことで、チラシからの購入数や申込数を計測できます。配布エリアごとにQRコードを変えておけば、エリア別の反響率も調べることができるので、これを生かしてより効果をあげることが期待できます。

 

いかがでしたか。折込チラシによる宣伝に向いているお店や、そうでないお店があることや、メリットばかりではなくデメリットもあることがわかりました。しかし、伝えたい内容やターゲットによってはよい販促ツールとなりますし、工夫次第で反響率を上げることもできるので、根気強さが必要ですが、やってみる価値はあるといえるでしょう。

【栃木県】おすすめの広告代理店5選

イメージ
会社名博報サービスティーエムアート関東朝日広告社マーケットネットワークヤマゼンコミュニケイションズ
おすすめポイントクライアントに寄り添って最善のプランを提供し要望を叶えてくれる広告代理店紙やWEBだけでなく、さまざまな物と場所に広告を掲載する広告代理店朝日新聞社、朝日広告社グループで地方創生に貢献する地域密着型総合広告会社クライアント・協力会社・社員のすべての幸せのために活動する広告代理店コミュニケイションをデザインしてクライアントと共に企業の財産を創る会社
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧