広告代理店への委託を検討している企業必見!栃木県でおすすめの広告代理店を厳選してご紹介!

広告代理店にも種類がある!自社に最適な広告代理店の選び方とは

公開日:2022/01/15


「商品やサービスを宣伝したいけど、ノウハウがない」そんなときに重宝するのが広告代理店という存在ですよね。最近ではネットを使って自社の力のみで宣伝活動をしていくことも可能ですが、やはり効果的に行うなら専門家の力が必要になってきます。そこで今回は広告の専門家である広告代理店について解説していきたいと思います。

広告代理店のサービスをよく吟味しよう

次は広告代理店を利用する意義を確認するために、広告代理店とはそもそもどんなものなのか?について深堀していきたいと思います。

広告代理店とは?

広告代理店とはテレビCMや新聞などを使って、クライアント企業の商品やサービスを広告という手法で世の中に広めるための活動をしている会社のことです。名前のとおり、クライアント企業の広告活動を代理して行うことが主業務です。商品やサービスを開発している企業が、宣伝のための企画や制作をし、広告を載せてくれる企業を探してくるといったことまで自社で行うのは大変なことですから、それらの業務を一手に引き受けサポートしていくことに広告代理店の存在意義があります。

広告取引の仕組み

広告というものは、広告主(企業・メーカー)→広告代理店→各種媒体(テレビ、新聞など)→消費者、という流れで届けられます。広告代理店は世の中に無数にある企業と各種媒体の間に立ち、両者をつなげる役割をしながら適切な広告活動を行っています。広告代理店の主な収益源は、広告主である企業からの報酬になります。

広告代理店の具体的な業務内容

業務の基本的な流れとして広告代理店はまず、クライアントの目的や予算についてヒアリングを行います。次にヒアリングした内容に応じて最も有効だと思われる企画をつくり、提案してプロモーションの内容を決定します。それから内容を実現するべく実際の制作に入っていきますが、そのときは別の制作会社に依頼することもありますし、大手であれば自社で制作まで行うこともあります。

そして最後に広告を載せる配信先、つまり広告枠の確保をしていきます。こうした一連の流れを通して広告はでき上がっていきます。ちなみに広告代理店は広告を出したい企業を探してきて、広告枠を媒体の代わりに販売することで手数料を得ているといった側面もあります。

広告代理店の種類は主に3つ

広告代理店は得意分野や関連性から以下の3つに分類できます。

・総合広告代理店
・専門広告代理店
・ハウスエージェンシー

では、それぞれの特徴について見ていきたいと思います。

総合広告代理店

あらゆるメディアに対して広告活動を行っている代理店です。中心となるのはテレビ、新聞、雑誌やラジオでの広告活動ですが、それ以外にもネット広告や交通広告なども手がけており、すべての広告媒体をカバーしています。多様な広告媒体に対応できるため、クライアントのさまざまな希望に応えられる幅広くかつ最適な提案力が強みです。

一般にもよく知られている総合広告代理店としては、博報堂や電通があげられます。こうした大手の総合広告代理店では制作会社を子会社や孫会社として持っている場合が多く、企画から制作までをトータルで請け負っていることも珍しくありません。また、芸能界との太いパイプを持っている代理店もあり、テレビや雑誌に芸能人を起用することが得意であるということも特徴としてあげられます。

専門広告代理店

特定の媒体を専門にして広告活動を行っている代理店です。たとえば屋外広告専門、公共交通機関専門、Web専門といった会社があります。最近ではとくにWeb関連の広告が増えており、一般のユーザーもテレビ広告よりWeb広告を見る人の方が多いというデータも出ています。今後もますますその傾向は強まることが予想され、Web専門広告代理店の躍進は続いていくと思われます。

「自社ではこの媒体で宣伝していきたい」とプランが固まっているのであれば、専門広告代理店を使うことで、より効果的で低コストの広告が可能になるでしょう。ただ当然ながら、総合広告代理店のような複数の媒体を同時に使ったメディアミックスのマーケティングは不得意な分野になります。

ハウスエージェンシー

親会社やグループ会社の広告を主に扱う広告代理店です。いわば特定企業の専門代理店といえるものです。同じグループなので、低コストの広告ができ、外部への情報漏えいのリスクが低いといったメリットがあります。もともとは特定企業の専属として設立されたものでしたが、自社関連以外の広告も手がけるようになり、総合広告代理店として活動するようになった代理店もあります。

最適な広告代理店を選ぶには

世の中には実にたくさんの広告代理店が存在しますが、自社に最適なところはどうやって探せばいいのでしょうか?広告代理店を探すときのポイントについて説明したいと思います。

目的・期間・予算を明確にする

最適な代理店を探すには、前提として広告の「目的・期間・予算」を明確にしておかなければなりません。これらは代理店選びの基準となるもので、明確になっていれば広告のターゲットや規模、適した媒体なども明らかになってくるからです。

たとえば、地域の住民に知ってほしい商品なのか、大々的にやりたいのか、若者向けなのか高齢者なのか、どのくらいの期間行うのか。誰に、何を、どのように、の部分を明確にすることで目的に見合わない無駄なコストを省き効果的な広告ができます。

媒体を決める

次にどの媒体で広告するのか決めましょう。テレビ、新聞、フリーペーパー、チラシなどさまざまな媒体がありますが、どの媒体にするか決めることで、冒頭でもご紹介した広告代理店の種類もわかり選びやすくなります。地域密着の企業と商品ならば、地元のチラシを扱う代理店が適任でしょうし、若者向けの商品であればネット広告が有効だからWeb専門広告代理店にするといった判断もできるようになるでしょう。

また自分が出したいとイメージしている広告と近いものが、過去の実績としてあるかどうかといった部分も大いに参考になるかと思います。広告の目的を明確にして、どの媒体にするかを決定し、それぞれの代理店の特徴や得意分野を吟味して目的と照らし合わせる。以上のような順番で考えていただければ、適切な代理店選びができるはずです。

 

ここまで広告代理店の概要や選ぶときのポイントについてご紹介してきました。広告代理店には種類があり、複数の媒体で展開できる総合広告代理店、Web専門などの特定の分野に特化した専門代理店は場合によってはコスパがよいこと。さらに広告代理店のビジネスモデルや業務内容、代理店選びのポイントについて簡潔にお伝えしました。広告代理店のご利用をお考えの方は、ぜひ今回の内容を参考にしてください。

【栃木県】おすすめの広告代理店5選

イメージ
会社名博報サービスティーエムアート関東朝日広告社マーケットネットワークヤマゼンコミュニケイションズ
おすすめポイントクライアントに寄り添って最善のプランを提供し要望を叶えてくれる広告代理店紙やWEBだけでなく、さまざまな物と場所に広告を掲載する広告代理店朝日新聞社、朝日広告社グループで地方創生に貢献する地域密着型総合広告会社クライアント・協力会社・社員のすべての幸せのために活動する広告代理店コミュニケイションをデザインしてクライアントと共に企業の財産を創る会社
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧